La.Kizuna

2020/08/04 09:58

世界中感染コロナウィルス感染は 実は犬にはコロナ感染は ずっと昔から存在していました。
犬の病気は感染から生じると言われています。犬にとっては感染症のひとつに過ぎないのですが
それより犬にはもっと最強のコロナより強い感染症があります。
パルボウィルスです
パルボは感染すると1,2時間でわんこが亡くなってしまうんです
顧客さんのわんこちゃんは 赤ちゃんの時、獣医さんに進められて感染予防としてパルボウィルスワクチン接種を
したそうです。ワクチンと言えば春に行う感染症対策ですがパルボウィルスワクチンは馴染みもなく
初めて聞かれる方も多いのでは、ないでしょうか
我が家の動物病院の主治医さんも言われてましたが近年はパルボウィルス感染も生じるわんこが増えて来たと言います
我が家と我が店はアクアサンでコロナ感染の対策を毎日行っています。
アクアサンは、犬好きの友人の独自開発で特許取得した安心で安全に使用出来ます
高いところでは5000円での販売されているところもあるようです
家庭やオフィスなどで簡単に作る事が出来て永久保存が可能です

犬パルボウイルス感染症

【原因】
病原ウイルスは1978年に最初に発見された比較的新しい犬パルボウイルスで,それまでには動物では他種のパルボウイルスとして猫汎白血球減少症ウイ ルスとミンク腸炎ウイルスなどが知られていたので,このような他種のウイルスが野生動物の中で突然変異を起こし,犬に激しい病気を起こすものになった と考えられている.このウイルスは強力なウイルスで,60℃に熱しても1時間 は死滅しない.

また,アルコール,クレゾール,逆性石鹸なども無効で,次亜 塩素酸ナトリウム(ブリーチ),ホルマリンなどでようやく死滅する.このため,環境中では数カ月以上生存できるとされており,人間の靴についてどこに でも運ばれる可能性がある.感染源は犬の糞便の中に排泄されるウイルスで,これが口や鼻から次の犬に感染する.ただし現在では最初に流行したときのような,犬が次から次へと感染する激しい発症はあまりみられない.これは,全 世界にこのウイルスが広がったため,多くの犬が免疫を持つようになって,多くの犬が依然として感染するけれどもほとんどの場合は症状を示さない感染に終わり,まれに無防備な子犬が感染して発病するといった状況である.感染した犬全体のうち発病するのは20%以下,死亡率は1-5%以下とされている.しかしながら,病院に来る犬は症状が激しいため来院するのであって,そのような犬では死亡率がかなり高いのも事実である.また,一部の集団飼育施設で集 団発生が依然としてみられている.

【症状】
通常は感染後2日で,元気消失,衰弱,嘔吐,下痢がみられるようになり, それから食欲が廃絶する.発熱はあったりなかったりする.通常この時期に病 院を訪れ,検査により白血球の減少がわかることが多い.感染後約5-7日で免疫ができるため,回復 するものはその時期から快方に向かう.すなわち,軽度発症の犬は発症後1-2 日で自然回復し,中等度発症の犬は病院で補助療法を行って3-5日で回復する.しかしながら,下痢や嘔吐が持続するものは死亡することが多い.また幼 犬に多い過急性感染では,発症後1日程度で死亡するものもある.8週齢未満で 感染したものは心臓にウイルスが感染し,心筋炎という心臓の病気を示すこともある.

【予防】
7種混合ワクチンの中に組み込まれているパルボウイルスワクチンで予防可 能.しかしながら,ワクチン接種前に感染が起こってしまうと予防は不可能で あるし,また母親が高度の免疫を持っていると,子犬の体内に母乳由来の抗体がかなり遅くまで残る.このためワクチンが妨害され,打ってあるのに効いて いないという状態が作られる.このため接種したからといって安心していると,その後母親からの抗体は自然に消滅し,ワクチンも効いていない,無防備 状態となってしまう.したがって,パルボウイルスワクチンは,遅くまで何回 も接種する必要があることを覚えておきたい.

【治療】
ウイルスを殺す治療法はないため,対症療法・補助療法が行われる.これに は,嘔吐,下痢によって失われた水分や電解質を補給する輸液療法と,腸内細 菌の異常繁殖を防止する抗生物質療法がある.その他の治療としては,ショックに対する治療,嘔吐,下痢をコントロールする対症療法がある.また,血清 療法といって他の犬の血清を注射する治療法もあり,これは失われた栄養分の補給に十分効果があり,また免疫増強という効果も期待できるのかもしれない.